搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは保険のかかった車に搭乗中(ドライバーを含め、同乗者の誰もが対象となります)の人が、事故で死亡・ケガ・後遺傷害をした場合に支払われる保険です。搭乗者傷害保険で支払われる保険金には次の5つがあります。

・死亡保険金
搭乗者がケガをして、事故発生日から180日以内に死亡した場合に支払われます。

・後遺傷害保険金
搭乗者がケガをして、事故発生日から180日以内に後遺傷害が生じた場合に支払われます。(後遺傷害の程度により保険金額は変わります)

・医療保険金
搭乗者がケガをして、入院・通院することになった場合、事故発生日から180日を限度と して支払われます。

・シートベルト装着者特別保険金
シートベルト装着中の事故をにより、事故発生日から180日以内に死亡した場合、「死亡 保険金」とは別に300万円を限度として支払われます。

・重度後遺傷害特別保険金
事故により重度の後遺傷害を被り、介護が必要となった場合、100万円を限度として支払 われます。

自動車保険(目次)
「保険・徹底解説〜生命保険、自動車保険〜」のトップページ

スポンサード リンク