無保険車傷害保険とは?

無保険車傷害保険とは、無保険自動車(対人賠償保険をつけていない車など)との事故で死亡したり後遺傷害を被ったにもかかわらず、相手から十分な補償を受けられない場合に、その不足分を保険金として支払ってくれる保険です。全体では10台に3台が無保険車というデータもあり、決して特殊なケースではありません。事故で「泣き寝入り」しないためにも是非加入しておきたい保険です。支払われる保険金額は、契約している対人賠償保険金額と同額となります。(ただし無制限の場合は最高2億円)

つまり、自賠責保険しかはいっていない車との事故で、2億円の賠償金額となった場合、自賠責保険3000万円の残り1億7000万円がこの保険から支払われることになります。

ちなみに無保険車傷害保険は、SAP(Special Automobile Policy 自家用自動車総合保険)、PAP(Package Automobile Policy 自動車総合保険)にセットされている保険のため、単独では契約できない保険です。またSAPとPAPでは補償範囲が異なりますので注意が必要です。

・SAPの補償範囲
保険のかかった車に搭乗中の人及び、他の車に登場した場合、また歩行中の事故であっても保険金が支払われます。また記名保険者の家族であっても、契約した車だけでなく、歩行中の事故や当て逃げといったケースでも保険金が支払われます。

・PAPの補償範囲
保険のかかったくるまに搭乗中の人のみ保険金が支払われます。これらのことから単身生活者ならPAPでも問題ないと思いますが、家庭をもっているなら迷わずSAPを契約するべきでしょう。

自動車保険(目次)
「保険・徹底解説〜生命保険、自動車保険〜」のトップページ

スポンサード リンク