生命保険を見直しをする!〜払い済み、延長保険〜

保険料を支払たくない、または支払うことができないけど、保険は解約はしなくないといった場合には、「払い済み」という方法があります。払い済みをすれば、以後の保険料を支払うことなく、保障を受けることができるようになります。期間はもとの保険と同じで、「養老保険」にすると満期保険金がもらえます。具体的に説明すると、以下のような感じになります。

1・それ以降の保険料の払込をやめます(保険料は支払わない)
2.その時点での積立金を一時払保険料にあてて、同じ保険か「一時払養老保険」を買います。ただし、保険金額は小さくなります。
3.以後、保険料を払うことなく、保障をうけることができるようになります。

この方法は、保険を解約してもらいたくないといった保険会社にメリットが大きい方法という見方もできます。

また、保険料は支払わないけれど、しばらくの間、今までと同じ保障が欲しいという場合は、積立金を一時払保険料にあてて、これまでの金額の「定期保険」にはいるという「延長保険」という方法もあります。ただし保険期間は短くなり、定期保険は掛け捨てなので満期保険金はありません。

生命保険の目次
「保険・徹底解説〜生命保険、自動車保険〜」のトップページ

スポンサード リンク