相続のために生命保険は有効なのか?

亡くなられた人の財産を相続すると相続税がかかる場合がありますが、財産を残せば必ず相続税がかかるというものではありません。基礎控除といわれる、5000万円+1000万円×法廷相続人の人数を下回る財産であれば相続税を納める必要はありません。また、相続税は土地や建物などで納めたり、分割して納めたりすることもできます。

生命保険は相続税の支払い資金としても有効ですが生命保険自体も相続税の対象となるため注意が必要です。相続税の支払い資金や遺産分割用の資金のために生命保険に加入する場合には、生命保険にも相続税がかかることを念等にして、保険金額はその分多くする必要があります。

生命保険の目次
「保険・徹底解説〜生命保険、自動車保険〜」のトップページ

スポンサード リンク